大黒天物産のスーパーDIO(ディオ)とLAMU(ラ・ムー)の店内BGMはどんな曲?違いは?

Pocket

西日本中心に展開する激安スーパーのDIOとLAMU。その本社は岡山県倉敷市にあり、岡山県でもしっかりと事業展開している。
僕もいつもDIOにお世話になっている。DIOに行くと店内BGMがいつも流れている。某ドンキホーテさんのように、かなり中毒性があるBGMだ。
このBGM、実は公式HPでダウンロードできる。
DIO
LAMU

聴いてみると、どちらも結構しっかり作られている。よくお店に行かれる人はずっとあのメロディーが耳に残っているだろうから、あらためて曲をしっかりと聴くと、なんか変な感じになるのではないか(僕は変な気分になった)。
普段お店で聴くときと、あらためて音源でしっかり聴くと結構違うと感じないだろうか。音源で聴くと、しっかりと曲が作られているなあと感じる。普段お店で聴く曲は、ベース音等の楽器の細かい音まで聞こえないからだろう。店内では楽器の音よりもボーカルの音のほうがよく聴こえる。店内が広いので音がよく伝わらないのだろう。また、意図的にあの歌詞を頭に刷り込ませたいという意図もあるのだと思う。

僕が普段行くのはDIOだ。なので、DIOのBGMは自然に覚えてしまった。なお、LAMUにはまだ行ったことはない。LAMUのBGMは今回HPで初めて知った。
個人的な曲の好みとしては正直LAMUのほうだ。LAMUのほうがちょっとアニソンっぽい感じやボーカルの声等が自分に馴染む。もちろん、DIOの曲も良い。いつも店内で聞いているものは楽器の音がよく聴こえないが、音源を聴くとジャズ風なメロディでカッコいい(店内で聴いているものはジャズ風には思えない)。特にベースラインがカッコいい。
よくDIOやLAMUに行くかたは、是非一度音源を聴いてみて欲しい。普段聴きなれているあのテンポ・メロディーが実は良いと思うかもしれない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です