はぐプリ 21話 感想・内容「えみるとルールーが喧嘩!? ギター破壊」

はぐプリ 21話 感想・内容「えみるとルールーが喧嘩!? ギター破壊」

「HUGっと!プリキュア」(はぐっとプリキュア)略して「はぐプリ」の第21話「大暴走?えみるがなりたいプリキュア」が放送されました。

今回の放送内容や感想・印象的だった点等について、以下と思います。

今回の個人的な見所・ポイントは以下5点。

  1. ルールーが髪を触る仕草が可愛い
  2. えみるとルールーが喧嘩!?尊さは変わらず
  3. ハリーの優しさが全開
  4. えみるのギターが破壊される
  5. 次回はキュアブラック・キュアホワイトが登場!新しいギターは!?

今回の話を1言でまとめると、個人的には今回は「ハリーの優しさ全開」だと思います。もちろん、えみるとルールーの仲がさらに深まるという内容です。
今回も2人の魅力的なシーンが沢山。そして、話のラストがまた驚く展開になりました。

ルールーが髪を触る仕草が可愛い

新人プリキュアとして挨拶をするえみる。ルールーにも挨拶するように促します。ルールーは「何でプリキュアになったことで、わざわざ挨拶するのか」と、不思議に感じているようですが、えみるの勢いに流されて、簡単に挨拶をします。ルールーの挨拶が簡素なものだったことに不満を感じるえみるでしたが、はなやさあやたちは「言わなくてもわかっているよ」と嬉しく感じます。
そのルールーが挨拶時にさり気なく髪を触る仕草が印象的です。

えみるとルールーが喧嘩!?尊さは変わらず

せっかくプリキュアになれたのに、普段の行動では勘違いからミスを連発し自信をなくしそうになるえみる。ルールーにも「私のことは放っておいてください」とルールーに言い放って、公園に移動してしまいます。

ルールーは「えみるに対して怒りを感じてしまった」「私はえみるの敵になってしまうのではないか」と、はな・ほまれに相談します。「そんなことはない、むしろ友達になっている証拠だよ」とはな・ほまれはルールーを励まします。

えみるも「ルールーに八つ当たりしてしまった」と反省し、落ち込みます。ほまれ、ハリー、はぐたんは、そんなえみるを公園の滑り台の下で見つけます。えみるに優しくアドバイスするハリー。以下でも述べますが、今回はハリーの優しい一面が置く表れます。

ルールーはえみるのギターを弾きながら歌を歌います。そこに現れるえみる。歌を通じて2人は仲直りします。

ハリーの優しさが全開

上述のとおり、失敗続きのえみるに対して、ハリーが気にかけて優しくアドバイスするシーンが多かったですね。

ファッションショップ「ビューティーハリー」で、接客が得意ではないえみるに違う仕事を任せるハリー。ちなみに、はなには最初から接客ではなくはぐたんの面倒をみるという別の仕事を任せていましたね。これ、決して「仕事ができないのは悪いこと」ではなく、「出来なければ違うことをやればいい」という発想のもとにあると思います。ここまで子どもに伝えるのは難しいかなーと思いました。

また、えみるがルールーに八つ当たりしてしまい、自己嫌悪で落ち込んでいるところでも優しく元気付けます。「私はプリキュアの資格がない」と今更言ってくるえみるに対して、「まだプリキュアになったばかり。これからや。」「ルールーにプリハートを渡そうとしたの、まさにプリキュアや。あんさんには十分プリキュアの資格がある。俺にはそう思うで。」と、手を取り立ち直させます。

えみるは嬉しくてハリーを思わず「ねずみさん」と呼んでしまい、ハリーから突っ込み。

えみるのギターが破壊される

オシマイダーが現れ、えみるとルールーはプリキュアに変身して戦います。そのなかで、キュアアムール(ルールー)は、キュアマシェリ(えみる)の大切なギターを守ろうとしますが、その隙を強力となったオシマイダーに狙います。その間一髪のところを助け出したマシェリ。しかし、その際にギターは敵の攻撃を受け、ネックが真っ二つに折れて壊れてしまいます。

戦闘後、えみるのギターを壊してしまったことに自分を責めるアムール(ルールー)。マシェリ(えみる)は、「アムールを守れたので気にしない」と、アムールを励まします。その様子を見て「ええ話や」と言うハリー。「茶化さない!」とエトワールとはぐたんから釘を刺されます。

個人的には、見事に壊れてしまう演出だなと思いました。折れ方が鮮やかでしたね。。。このギターの本ネタである「ZO-3」を作っているFERNANDESから怒られないですかね。実際の商品と見た目はほぼ同じですし。。。商品イメージが悪くなるとか。でもそれまではえみるとルールーの友情を育てるのに大活躍したギターですからね。悪いイメージはあまり付かないとは思いますが。次回に新しいギターが出そう(えみるとルールーが持っている。たぶん「ツインラブギター」の元になるギターだと思う)なので、それもFERNANDES社製の商品だったら面白い。

次回予告の一場面。何やら白いギターを持っている

壊れたギター、フレット数も22あり、手抜きない作画

えみるのギターに関する記事はコチラ↓
http://taka-site.com/?p=4688

次回はキュアブラック・キュアホワイトが登場!新しいギターは!?

今回のラスト。キュアアムールとキュアマシェリが敵を弱めたところで、キュアエール、キュアアンジュ、キュアエトワールの3人によるメロディソードでオシマイダーを倒します。そして、自信を取り戻したマシェリは、自分たちもメロディソードが欲しいとエールたちに頼みます。ハリー含め、どうにかならないかと思っていたところ、はぐたんがなんと初代プリキュアのキュアブラックとキュアホワイトを召還します。

15周年といえど、なんて豪華な展開。。。

構成の坪田文さんのツイートもアツい。

次回「ふたりの愛の歌!届け!ツインラブギター!」は初代プリキュアのキュアブラック、キュアホワイトがどう話に絡んでくるか、ルールーやえみるのギターがどんなものになるか気になります。

私もこんな展開になりそうな気がする↓

その他印象に残ったシーン

ルールーの脚がセクシー。挟まれたいですね。

今回の「めちょっく」
えみるから「プリキュアとして大切なものは何か?」質問され、「ガシ!ビシ!ポワァー!」と返答するはな。えみるからは「意味わからないのです」、ルールーからは「解析不能です」と言われてしまいます。さあやから「信頼関係かな」とフォローされ、「そうそれ!」とはな。「ほんまかいな」とハリー。

はな・さあや・ほまれの3人を見て「ガシ!ビシ!ポワァー!」を理解するえみるとルールー。

接客と会計をするルールー。接客がサマになっている感。会計はすごく正確そうだ。

「かばんに財布がない」と困っているお客に対して、場所を分析するルールー。「スカートのポケットにあるのでは?」とアドバイス。想定したとおり、服の中に入っています。ルールーの冷静さ正確さも表れていますね。

敵がいないか目を張り巡らせるえみる。その様子を見て「怖い顔になってるでー」とハリー。慌てて表情を崩すえみる。それを「かわいい。かわいい」と茶化すハリー。「恐縮です」と答えるえみるがかわいいです。

特売に巻き込まれるえみる。特売に押し寄せる客について、「オシマイダー」より怖いとえみる。特売に押し寄せる客達からえみるを守るルールーもかわいいです。

特売の店内レイアウトがスーパーらしくて良いですね。特売スペースの裏は揚げ物コーナー。1品80円は結構安いですよね。右側の業務用扉もスーパーの雰囲気が出てていいなと思いました。

ルールーに八つ当たりしていなくなってしまったえみるの荷物を持ち帰るルールー。なんか家出少女みたいな感じ。

えみるのギターケース、音符のキーホルダーもかわいいですね。

【関連記事】

はぐプリ 20話 感想「大好き∞無限POWER」ルールー 作詞 えみる 作曲

はぐプリ 19話 感想「アンリ×正人 ジェンダー ドレス えみる 衣装」

HUGっと!プリキュア 「パワフル❤️エール」収録曲 特典 予約 通販

HUGっと!プリキュア 表紙「アニメージュ」7月号 付録 内容 予約 通販



広告