ハグプリ41話感想 未来に戻るルールー えみるとの絆と心の成長を考察

Pocket

「HUGっと!プリキュア」((はぐっとプリキュア) 略して「はぐプリ」「ハグプリ」)の第41話「えみるの夢、ソウルがシャウトするのです!」を観て、自分の率直な感想や考察等を以下記載しています。

前回第40話最後で、ルールーが未来に戻ってしまうことにショックを受けたえみる。今回はその続きの話です。そしてえみルーの集大成的な話でした。また前回に引き続き、ルールーの心の成長にも注目です。

声が出なくなってしまったえみる

ルールーが未来に戻ってしまうことにショックを受け、最終的には声が出なくなってしまったえみる。最初は態度や口調が変わり、どんどん心を閉じていって最終的に声が出なくなるという過程が注目点だと思いました。

声が出なくなるまでの過程

「未来からまた過去に戻ってくることは非常に難しい」(ハリー)→「にょほ」(えみる)
(この「にょほ」の声が可愛かったです。)


顔と言動がおかしくなる。例えば、言葉遣いで「なのです」と言わなくなる。ちょっとした危なそうなことにも気を配らなくなる。


ルールーから本心を話して欲しいと言われるえみる。このとき「本音を言っちゃいけない。我慢しなくちゃ」とストレスがMAXになる→声が出なくなる→ミライクリスタルが消える。

声が出るように戻るきっかけとなったのは、ルールーではなく正人のことば

そして、正人のことばによってえみるは声を取り戻します。注目なのは、声が出るきっかけになったのは、大好きな親友ルールーではなく、兄の正人のことば。「未来は自分のもの」「心の扉をひらけ」「ギュイーンと心がシャウトするのです」。特に、ルールーの心を揺さぶったことばでもある「ギュイーンと心がシャウトするのです」は、えみるが家族に隠れながら自分を表現していたもの。いわばえみるの心の根幹。それをルールーではなく正人が気付かせたというのが印象的でした。実は誰よりも妹えみるのことを知っていて、なおかつ価値観が変わった「今の」正人だからこそ、えみるの心の扉を開けさせることができたのかなと。以前の価値観のままの「昔の」正人だったら無理だったのだろうなと思いました。「未来は自分のもの」など言えないでしょう。というか、以前の価値観のままの「昔の」正人だったらお爺様を制止させるどころか一緒になってえみるを保護しようとすると思いますが。
一方、えみるのほうも兄を慕っているからこそ兄の声が届いたのだと思います。

えみるの本心を受け入れつつも後ろを見なかったルールーが印象的

ルールーが未来に戻ってしまうことについて、仕方がないとわかっていても気持ち的に受け入れられなかったえみる。えみるは「未来に戻ってほしくない」とルールーに本音を伝えます。ルールーはえみるの気持ちを受け止めつつも、「未来に歌と愛を届けたい」と未来で自分がやりたいことをえみるに伝えました。

ここで印象的だったのはルールーは終始未来だけをまっすぐと見据えているようだったこと。もちろんえみると分かれることは悲しく感じているはずですが、後ろを振り向くような感じはしませんでした。その態度は今回の話冒頭からずっと続いていました。

えみるもルールーの気持ちを理解し、自分も未来に向かって進もうとします。未来に向かって動いていこうとしたルールーと、それを受け入れたえみる。

そして、お互いの気持ちを認め合い、最終的に「未来で待っている」と再会を誓いあいました。

アンドロイドに心が芽生えて夢を持つまでに心が成長する

ルールーがはなやえみるたちに出会って、自分の夢について考えをしっかりと持つようになったということが凄く印象的でした。心が芽生えて、自分の夢を持つに至るまで心が成長したのだと。

また、ルールーはえみるに出会えたことで「未来を信じようと思えることができた」「未来に愛(誰かを愛する心・大切にする気持ち)音楽を届けたい」と未来への夢を持ちました。「愛」という意味を持つ名前をもつ2人。音楽で繋がった2人。「あなたを愛し、私を愛する」としてプリキュアになった2人。それらを未来の人々に伝えたいというのは、ルールーとえみるの出会いの集大成的なものだと思いました。

そして、決して離れ離れになってしまうのではない、ふたりとも未来に向かって進めばまた会えるという展開にもっていったところが、今までのえみルー関係を見てくると救いがある展開だと思いました。「輝く未来を抱きしめて」と未来に向かって時を動かすのが今回の作品のテーマ。だから、ルールーが最終的に未来に戻り、未来の時を進めていくのは必然的ですし、最終的にそういう展開になることは確実だと思います。最終話あたりでえみるとルールーが未来で出会うシーンを見たいですね。(あとルールーとドクタートラウムが一緒に食事しているシーンも見たい。)

このあたりの展開の意図、アニメージュの「『HUGっと!プリキュア』特別増刊号」に詳しく記載されていますので、読んでみると面白いですよ。少し触れると、やはり各キャラに「未来」を意識させているもよう。

(「『HUGっと!プリキュア』特別増刊号」の記事についてはコチラ→http://taka-site.com/?p=8085

未来に戻り時を進めるのはルールーだけではない

未来に戻り時を進めるのは、ルールーだけでなく、はぐたん(キュアトゥモロー)とハリーも同じ。敵のリストルやビシン、はてはラスボスのジョージ・クライも心が浄化され、未来に戻り時を進めていくのではないでしょうか。
特にほまれはハリーと別れるのは辛いはず。この二人の関係についてもどんな展開になるのか今後注目です。

親の意思と子どもの意思は食い違うもの

えみるのアイドル活動を祖父「獏発(ばくはつ?)」が辞めさせようとしますが、財閥の令嬢となればさらわれたりして身代金を要求されたり、命の危険がある。そうなれば、過保護になってしまうのも仕方ないのかなと思いました。それに対しても自分の意思で生きる、自分の未来は自分で決めるという対立的な視点を出してきたのは、ハグプリらしいなと思いました。

そうした親側と子側の対立は、前回のドクタートラウムとルールーとの関係にも似ているなと思いました。ルールーもえみるも自分の意志で自由に行動してはなたちに出会えたからこそ、心が強く成長できたという点も似ているなと思います。親の意思と子どもの意思は食い違うものなのだということを前回と今回の話で表しているのかなとも思いました。

(前回第40話の感想はコチラ→http://taka-site.com/?p=8020

「ハグ」は敵組織も共通

ハリーやリストルに裏切られたと思うビシン、そんなビシンをジョージ・クライは優しくハグして気持ちを落ちつかせていました。「ハグ」は今回のプリキュアシリーズのテーマですが、心を救うという点は敵も味方も共通なのかな。

(その他)ことりの衣替えについて

今回の話ではなの妹ことりがついに衣替えした姿で登場しましたが、いつもの半袖にパーカーを着ているだけっぽいです。しかも、パーカーのフードは猫耳っぽい。

パーカーの襟元隙間からいつもの半袖の襟模様が見える

パーカーのフードに白い猫耳風なものがある

次回ハグプリ第42話はついにアンリがプリキュアに!?クライアス社に入社!?

次回HUGっと!プリキュア第42話タイトルは「エールの交換!これが私の応援だ!!」。今回の話ラストで、足の怪我でうまくジャンプできないアンリが、時を止めようとするクライアス社に興味を持つシーンがありました。次回はアンリがついにクライアス社に入社してしまうのか。予告内容だとアンリが変身するような感じのシーンもありましたが。。。(なんか空想の中の話で終わりそうな気がしますが。)以前、アンリがリストルからクライアス社へのスカウトを受けた話が回収されます。予告内容からはあまりシリアスな感じはありませんが、気は抜けないですね。今回の話同様、最終的にポジティブな展開になってほしいところです。

当サイトのプリキュア関連記事一覧

当サイトのプリキュア関連記事一覧はコチラ→http://taka-site.com/?cat=183


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です