ハグプリ42話感想 アンリの「未来」と野乃はなの「応援」の関係を考察

Pocket

「HUGっと!プリキュア」((はぐっとプリキュア) 略して「はぐプリ」「ハグプリ」)の第42話「エールの交換!これが私の応援だ!!」を観て、自分の率直な感想や考察等を以下記載しています。

今回の話のテーマは「応援」と「未来」だなと思いました。「未来に向かって人は変わっていく」というのは、アニメではよく扱われるテーマだと思いますが、このHUGっと!プリキュアではそれを「応援すること」と結び付けています。それがよく表れているのが今回の話の見所だと思います。



応援によってなりたい自分を再認識するアンリが印象的

今回の話のメインキャラはアンリと野乃はなでした。アンリについてはプリキュアになったことよりも、野乃はな(キュアエール)の応援を受け止めて、アンリの気持ちが変わっていったことが印象的でした。「氷上の王子として完璧なスケートを滑りたい」というのは目的ではなく手段にすぎなかった、あくまで「自分のスケートによってみんなの笑顔が見たい」ということが自分の目的だったと再認識し、これからも「本当のなりたい自分」を探していこうと。

今回アンリが絶望を乗り越え、未来に向き合うことができるようになる経緯(メモ)

完璧なスケートを滑りたい(できることが増えるのが嬉しい)→怪我→さらに事故→絶望→オシマイダー召喚

キュアエール→応援→これがアンリがなりたいアンリなのか→違う→みんなの笑顔がみたい→もう一度だけいいから滑りたい→奇跡が起きる→キュアアンフィニになる→今後の自分の未来を探そうと思うようになる。

リストル(クライアス社)に囚われてしまったアンリの気持ちを理解しているプリキュアたち

リストルに囚われてしまったアンリを見て、「なんて声をかけたらいいかわからない」と、そうなってしまった経緯やアンリの苦悩をプリキュアたちが理解しているのが印象的でした。それでも「今凄くつらいと思う」「だけど、「自分の未来を壊したい」と言わないで」とアンリを救おうとしていたのが、「未来」に向かっている5人を表しているなあと思いました。



未来に向かって進む、ほまれ・さあや・はなの3人

前回・前前回は、未来に向かって進むルールーとえみるの話。そして今回ははなの「応援」と、「未来」がテーマ。話の最後は「未来のなりたい自分」ということが焦点となりました。「無限の未来。新しい世界でなりたい自分を探す」というアンリの言葉をさあやは反芻していました。さあやは女優や医師への道に迷っているのだと伺えます。そして次回はほまれが未来に向かっていくという話。そしてその次はさあやの未来がテーマになると思われます。だんだん最終話に向かって話が進んでいますね。

「今」ではなく「未来」に向かうというテーマの一貫性

今回の話で、アンリは交通事故で大怪我をしてしまいました。アンリはもうスケートに復帰できないのでしょうか。「復帰は絶望的か」というマスコミの推測だけで、「もう選手として二度と復帰できない」という医師の診断結果等はないので、またスケートに復帰するんじゃないかと思います。「未来は無限大」というテーマにも合いますし。

なお、今回はなたちの応援で奇跡が起こり、アンリはプリキュア「キュアアンフィニ」となってスケートを滑ることができましたが、ここで怪我が奇跡で完全に治ってしまったら「未来は無限大」「未来を作る」「未来に向って自分が変わっていく」というテーマを壊してしまうので、一瞬だけ奇跡でスケートが滑るようになっただけでその後は現実の「怪我した状態」に戻るという演出は良かったと思いました。「現実」を受け止めつつ「未来」を作っていくのがHUGっと!プリキュアの見所だと思うので。

また、話の最後でアンリが「未来のなりたい自分」として「スケート選手として復帰する」等、答えを出さなかったのも印象的でした。未来の可能性は無限大であり、なりたい自分になる方法は沢山あるということを示していると思います。

どんな境遇にあっても、未来のなりたい自分を考えるのは自由ということ

「たとえ若宮アンリの身体でも若宮アンリの心を縛ることはできない」と言っていましたが、この言葉も奥が深いなと思いました。身体が本来の若宮アンリとして自由に動けようとも、心を縛ることはできないという意味かなと。どんな環境であっても(満足のいく身体であっても)、未来のなりたい自分を考えるのは自由だ(つまりスケーターとして生きることに囚われる必要はない)ということを示しているのかなと思いました。

小さな女の子たちへの「未来のなりたい自分」というメッセージについて

今回の話を観た小さな女の子たちは、今回の話をどう捉えるのだろうというのも気になります。プリキュアは常に小さな女の子たちをメインに向けて作られていますので、そんな女の子たちへ製作側はどんなメッセージを送りたかったのかなと。
プリキュアたち(特にキュアエール)の応援によってアンリを救う展開から、「アンリ頑張れ」「アンリまたスケート滑るようになるといいな」等、他人を応援することの大切さはまずあると思います。また、アンリが言っていた「未来のなりたい自分」について、それは単に憧れている職業に就いたり特技を身につけるだけでなく、「それを通してどうしたいか」「どうしてその職業になりたいのか」も考えたほうがいいよというのを伝えようとしたのではないかと思いました。さらに、アンリが「またスケートを滑りたい」とスケートに拘るようなシーンがなかったところも、「何かに拘りすぎずいろんなものに目を向けたほうがよい」ということを暗に示しているのかなと思いました。

これらは小さい子にはまだ難しいかもしれませんが。

今回も野乃はな(キュアエール)の「応援」によって救われたアンリが印象的

初登場からずっと野乃はなの「応援」によって、性格や考えが変わったアンリ。今回も最終的には野乃はな(キュアエール)の「応援」によって自分の「未来」に向き合えるように変わったのが印象的でした。

野乃はな・キュアエールの魅力について

野乃はな(キュアエール)の「フレフレ」含むアンリへの一連の台詞、最初のほうと比べるとホント重さが増しているなあと感じました。野乃はなという女の子がストーリー通して成長していくのが声に凄く表れているとあらためて感じました。

野乃はなの声を担当している引坂さん自身もはなと重なる部分があり(「『プリキュア』感謝祭上映会 vol.5」のトークイベントより)、はなと同じ苦悩を乗り越えながら声を演じてきたことを語られていましたし、やはり引坂さんの声だからこそ野乃はなというキャラクターが活きてくるのだというのもあらためて感じました。

個人的に野乃はな・キュアエールは、当初あまり馴染まなかったのですが、話が進むにつれて魅力が増してきますね

最近のキュアエールの魅力がわかってくると、この等身大ポスターも凄く魅力的に感じる。

Aile(エール)とYell(エール)

キュアエールの「エール」については、フランス語で「翼(Aile)」という意味あるのだと。そしてキュアアンジュの「アンジュ」はフランス語で「天使(ange)」。空を舞うキュアエトワール。翼を持つプリキュアという意味で共通。この「翼」に関する話が次回のほまれ回、そしてたぶんその次のさあや回に繋がっていくのだと思います。

なお、キュアマシェリとキュアアムールは「愛」のプリキュアで共通していますが、この「愛」についてもまだ深く突っ込んだ回があるのかなあ。

野乃はなにとっての「応援」とは?

「アンリにどんな応援ができるのか?」と、野乃はなにとって「応援」とは何かを問う内容でもあったと思います。アンリへの良い応援とは何かを考えているはなへ、チャラリートは、かつて自分がオシマイダーになった時にはなの応援が自分を救ってくれたと話しました。その言葉に喜び、自信を持ったはなですが、その後にアンリの事故が発生。そんな状況のアンリに対して自分はどう応援するとよいか、自分にとっての「応援」の意義を再び問われる形にもなりました。今作プリキュアの主人公である野乃はなにとっての「応援」は、他のプリキュア含めていろんな人を変えさせてきました。作品全体における「応援」というものをどう表していくのか、最終話に向かっての注目のテーマだと思います。

次回ハグプリ43話はついにハリほま関係に決着がつく!?

次回HUGっと!プリキュア第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」は、もうタイトルからしてハリほま回と思われます。「スタート」という言葉が示すものは。。。。そしてタイトルに句読点「。」が2つ。タイトル付けとしてはかなり珍しいですが、たぶん次の回の内容に関係しているんでしょうね。その観点を考察しながら観のも面白そうですし、「恋」というものにハグプリ製作陣がどのように切り込んでいくか、非常に楽しみです。

(おまけ)ルールーのコートの下は初公開!?

これまで述べた感想とはまったく合わない話ですが、ルールーの冬服コート(ジャケット)の下を初めて見れた気がします。可愛い。はなもジャケット着ていないし、後に座っている人や隣の女の子たちもわりと薄めな格好。客席は暖かいのかもしれませんね。

あと、最近見つけたこのキュアアムールのアクリルスタンドも個人的に凄くツボなので紹介

当サイトのプリキュア関連記事一覧

当サイトのプリキュア関連記事一覧はコチラ→http://taka-site.com/?cat=183



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です