「羽生結弦は捧げていく」(新書 高山真著)の内容・予約・通販情報

Pocket

男子フィギュアスケートの羽生結弦選手の最近の状況等を分析した新書「羽生結弦は捧げていく」が、集英社新書より2019年2月15日に発売されるようです。

以下簡単に紹介。

「羽生結弦は捧げていく」(新書)の内容について

以下、商品紹介の記事を引用。

フィギュアスケート・男子シングルでは66年ぶりの五輪連覇。
「メダリストは翌年には引退や休養を選ぶ」ことが多いフュギュア界において、
羽生結弦は現役選手として競技を続けることを選んだ。
記録、記憶、名誉、称賛……すべての中心にいた絶対王者は、
ケガと闘いながらも、より高度な技術と表現を磨き、さらなる進化を遂げている。
前著『羽生結弦は助走をしない』に続き、五輪後から垣間見える新たな羽生の変化と挑戦を詳細に分析。
ルール改正や今後の活躍が期待されるスケーターたちにも言及し、
前例のない道を猛然と走り続ける羽生結弦とフィギュアスケートの世界を語り尽くす!

【著者プロフィール】
高山 真(たかやま まこと)
エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。
著書に『羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界』『恋愛がらみ。』『愛は毒か 毒が愛か』など。

以前同著者が記した「羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界」と同様、フィギュアスケートファンによる羽生結弦選手の分析本のようです。
同著を読んで面白かった人には今回の本も楽しめると思われます。

「羽生結弦は捧げていく」(新書)の予約・通販情報

各種通販サイトで予約は始まっています。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です