HUGっと!プリキュア43話感想 ハリほまの結末とハグプリが扱う「恋」を考察

Pocket

「HUGっと!プリキュア」((はぐっとプリキュア) 略して「はぐプリ」「ハグプリ」)の第42話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」を観て、自分の率直な感想や考察等を以下記載しています。

「スタート」という言葉が示すものは。。。。そしてタイトルに句読点「。」が2つ。タイトル付けとしてはかなり珍しいです。句読点は「区切り」という意味ですが、それに加えて「スタート」ということば。このタイトルから展開は察することができますが、そこはハグプリ、予想外の展開もありえるので緊張して観ました。そして結末は。。。やはりタイトル通りの展開でしたが、個人的には良い展開だったと思います。スッキリとした、ストレートなストーリーという印象。ストーリーがタイトルの「スタート」というワードと句読点「。」をしっかりと表していました。

歴代プリキュアシリーズでも「恋」というものが度々扱われますが、HUGっと!プリキュア(ハグプリ)製作陣がこれにどのように切り込んでいくかも注目点でした。



ほまれとハリー(ハリほま)の「恋」の結末について

ハリほまの「恋」は予想通りの展開だった

今回第43話のタイトルに「スタート」というキーワードと、スタートの後に句読点「。」があることから、ほまれの恋に区切りがついて心機一転スタートしていくという展開は予想できました。
が、今までもいろんな変化球を投げてきたハグプリだったので、今回ももしかたら違う展開になるかもと思っていましたが、ここは予想通りの展開になりました。むしろ直球ストレートすぎるという感じ。ホント、良い意味で毎回期待を裏切ってくれるなあと。

ほまれの「恋」にきちんと向かい合ったハリー

ほまれはハリーに自分の想いを素直に伝え、ハリーも正直に返します。このハリーの対応がすごくカッコよかったです。ほまれの想いを全て受け止めたうえで、ハリーも真摯に自分の想い(「自分には他に想う人がいて、その人に想いを伝えていない状態でほまれの想いに答えることはできない」と)を伝えました。こういう「恋」に対して互いにストレートに気持ちを伝えるのは、観ているこちら側もスッキリしました

HUGっと!プリキュア(ハグプリ)が扱う「恋」について

今回のハリーとほまれ(ハリほま)の「恋」の展開について製作側の意図(予想)

「恋が成就した後の展開となると親御さんたちが色んな印象を持つ」「プリキュアでは突っ込んだ恋愛の話は難しい」と製作陣で話し合った(「HUGっと!プリキュア」アニメージュ増刊号P29 )という裏話もありますし、また、ここでハリーがほまれを選んだら、ハリーが想う人を出してきた意味がなくなってしまう。そうなると、やはりほまれとハリーをここですぐに結ぶわけにはいかないということになるのかなと思います。ハリーにはハリーの未来を進ませ、ほまれにも新しい未来(恋)を進めさせたということになると思います。だからこそ、ビシンとの会話で「時が止まればいい」を否定することにつなげた。ハリーがほまれを選んだらハリーの時も進みませんし(そもそもハリーにほまれを選ばせる選択肢は製作側にはなかったと思いますが)。

このあたりの製作側の話は、アニメージュ『HUGっと! プリキュア』特別増刊号に色々と書いてありますので、興味ある人は読んでみるといいと思います。

また、アニメージュ『HUGっと! プリキュア』特別増刊号の感想はコチラ→http://taka-site.com/?p=8085

プリキュアの「恋」の扱いかたは変わらないと思った

過去のプリキュアシリーズでも「恋」が扱われますが、ストレートに捉えつつも深く追わないと感じます。今回のハグプリもそんな感じでした。ほまれのハリーに対する「恋」を真正面から扱いましたが、今後それが大きく発展するような雰囲気はなくそこで終わる。この終わり方をどう表現するか。HUGっと!プリキュア(ハグプリ)では、むしろストレートすぎる感じに表現していたと思います。ほまれもハリーもストレートに自分の気持ちを伝えて終わったので、観ているこちらもなんか爽快感があってよかったです。自分の想いを伝えて吹っ切れたほまれも潔くさわやかで印象的。

他のシリーズでの思い出としては、魔法使いプリキュア!(まほプリ)での「恋」はサブキャラの長瀬まゆみで扱われていましたが、「好きな相手に実は彼女がいた」という展開で、恋の終わりが結構エグかったことを思い出しました。

「恋」から「未来」に繋げていくのが印象的

恋が叶わなかったほまれ。そんなほまれに対して、ビシンは「時が止まっていればよかった」と言い放ちますが、それをほまれは否定します。ここでも、「未来」に進むという展開にもっていきます。HUGっと!プリキュア(ハグプリ)では「未来」がテーマですが、ここ数話は各キャラクターたちの「未来」につなげていく話になっています。そして今回はほほまれの「恋の決着」と「未来に進むこと」がテーマ。きちんと「未来」につながるように展開が進んだのが印象的でした。

「恋」を通したほまれとさあやの関係について

ほまれの恋心に気づいていたさあや

恋に悩むほまれをさあやがサポートしていたわけですが、恋に悩むほまれとさあやの関係をもっと前から深く描いてくれてもよかったなあと思いました。さあやはほまれのハリーへの恋心に気づいていましたし、もっと前から「素直に気持ちを伝えてみたら?」と言っていたのかなあと思いました。

ほまれの恋をサポートするのがさあやであることについて

ほまれの恋をサポートするのははなではなく、さあやというのが印象的でした。元気と感情の野乃はなではなく冷静に現状を把握できる薬師寺さあやのほうが、繊細な「恋」の相談役としては適任だということだと思います。

ほまれとさあやだけの関係が描かれたのは珍しい

また、ほまれとさあやの2人だけの関係が描写されていたのは珍しいなと思いました。2人だけが揃うときは、はなのことについて話し合ったりすることが多い印象ですが、今回は第三者のはなについてではなく、ほまれについて。2人だけが向き合っているという状態。

ただし、ほまれが最後に抱きつく相手ははな

ほまれが最後に抱きついたのはさあやではなくはなであったのがちょっと印象的でした。恋愛の相談に乗ったさあやではなく、いつも応援してくれるはなに抱きついた。もちろん主役だからというのもあると思いますが、はなは最初に出会ったころからいつもほまれを応援していて、ほまれにとってはなは大きな存在だったからだと思います。以前はなが落ち込んでいたときには、ほまれがハグしました。はなとさあや、どちらもほまれにとっては大切な存在ということを表しているなあと思いました。

親も子の「恋」を見守る

子育てがテーマでもあるHUGっと!プリキュア(ハグプリ)ですが、ここでも親が「恋」に悩む子を支えます。ほまれの母輝木ちとせも、ほまれの様子に気が付き優しくアドバイスします。「一度くっついても別れてしまうこともある」「けど、お母さんはお父さんのことを好きになれてよかった」と言っているのが、テレビを見ている小さい子どもたちにも「恋」というのをわかりやすく伝えている感じがしました。それを受けての、ほまれの告白に対するハリーの回答という展開だったので、これなら見ている小さい子どもたちも納得いくのかなと思いました。


ほまれがウサギの人形持っている姿、かわいいですよね。

そういえば、この回が放送された同日にフィギュアスケート女子グランプリファイナルで紀平梨花選手が素晴らしい演技で優勝しました。しかも帰国時にはウサギのぬいぐるみを抱えていて、ホントほまれを連想してしまいます。

ちなみにこのウサギのぬいぐるみですが、通販で売っています。これについても調べて記事にしてありますので、気になるかたは是非見てください。
http://taka-site.com/?p=8418



他にも「恋」にまつわる人たちが登場

はなの初恋の相手、ジョージ・クライ

はなの初恋の相手という設定のジョージ・クライもこのタイミングで登場。ジョージ・クライに対峙するはなの声が凛々しくなりすぎていたのが印象的。成長したな~という感とともに、自分の持っていたはなの印象が一気に変わってきたなあという感じです。ストーリーはラストに向かっていますが、はなの印象が自分にとってどう変わるか楽しみです。

「恋」の大先輩パップル社長

はな・えみる・ルールーにほまれは「恋」をしていると解説するパップル社長。ジョージ・クライとの関係もありましたし、「恋」の大先輩。この回でこの役で出てきたのは当然という感じですねえ。「恋はするものじゃない。落ちてしまうものだから」「自分じゃどうにもできない」というの、ほまれの母ちとせとは正反対の方向の意見だなあと思いました。見ている子どもたちは、これら正反対の意見をどう受け止めるか。

次回HUGっと!プリキュア第44話はさあや回

次回HUGっと!プリキュア(ハグプリ)第44話「夢と決断の旅へ!さあやの大冒険!」予想通りさあや回ですね。さあやの夢である母と共演する回。さあやの夢は母との共演することであって、女優になること自体ではないとされています。以前の話でさあやは「医師」という職業にも興味を持っていましたし。話の流れとしては、さあやが自分の進路を見つけていく展開になると想います。さあやは自分の進路をどう選択するか、そんな進路の悩みというものをHUGっと!プリキュア(ハグプリ)ではどのように扱うかが楽しみです。クライマックスに向かって話がどんどん進んでいきますなあ。

あと個人的には、黒猫姿のルールーも気になります。↓の感じで、最初この台詞を聞いたとき、ルールーの声を担当している田村ゆかりさんのライブに出てくる「くすんだネコ」と「くすんでないネコ」を彷彿させられましたw

次回第44話の感想はコチラ→http://taka-site.com/?p=8503

あとそういえば、個人的に今回の話でルールーのパジャマ姿も久々に見れてよかったです。

当サイトのプリキュア関連記事一覧

当サイトのプリキュア関連記事一覧はコチラ→http://taka-site.com/?cat=183



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です