Category: 音楽

タカサイト:Blackpinkの最新アルバムについて知っておくべきことすべて

タカサイト:Blackpinkの最新アルバムについて知っておくべきことすべて

ことはどこにいても、韓国の有名なポップグループBlackpinkについて知っているでしょう。ジス、リサ、ジェニー、ローズは、彼らが今日いる場所になるために一生懸命働いており、彼らの努力は報われました。この4人の女の子は、2016年にデビューして以来、世界を 

席巻しています。AsIfit’s Your Last、Ddu-du Ddu-du、Kill this Loveなどのヒット曲で、このガールグループは障壁を打ち破り、捕らえました。世界中の何百万人ものファンの心。彼らの曲のいくつかは国際的なチャートでナンバーワンに達しました、そして彼らはまた彼らのファンのために演奏するために世界中をツアーしました。 

今日、彼らはまだ力強く進んでおり、アメリカでも人気を博しています。ガールグループは、セレーナゴメス、デュアリパ、カーディB、レディーガガと一緒に曲を作ったこともあります。今、彼らは待望のアルバムで再び戻ってきました。ファンは長い間待っていましたが、ついに聴けるようになりました! 

彼らの最新リリースは「アルバム」と呼ばれています。なぜこの名前をレコードに選んだのかと尋ねられたとき、Blackpinkはそれが彼らが最も懸命に取り組んだアルバムであると言ったので、彼らは可能な限り最も単純な名前で行きました。これにより、ファンは最新の曲を聴くことにさらに興奮しました。 

このアルバムの最も優れた点の1つは、封鎖中に作成およびリリースされたことです。曲はしばらくの間制作されており、ガールグループはすべての曲が完璧でファンに楽しんでもらえるようにできる限りのことをしました。 

彼らはまたCardiBやSelenaGomezなどの音楽業界の巨大な名前と提携することで話題を呼んだ 、このアルバムのために。待つプロセスは、彼らの忠実なファンにとってそれだけの価値がありました。 2020年10月2日にYGStudiosとInterscopeからリリースされ、すぐにいくつかの明るいシングルで始まりました。 

このガールグループがキャリアを始めたばかりであることは間違いありません。彼らは音楽をリリースし続けており、メンバーのジェニーとローズはさらにソロ音楽の制作に取り組んでいるので、それも楽しみにしています!すべてのBlackpinkファンにとって、この待望のアルバムが失望することはありませんのでご安心ください。 

まだアルバムを聴いていない場合は、今日YouTubeまたは他のストリーミングプラットフォームにアクセスしてください。アルバムとその曲の詳細については、以下の公式トラックリストを参照してください:ft。SelenaGomez 

  • How You Like That
  • Ice Cream()
  • Pretty Savage
  • Bet You Wanna(ft。CardiB.)
  • Lovesick Girls
  • Crazy Over You
  • Love to Hate Me
  • You知らない

タカサイトについて

タカサイトは、アジアの最高のポップカルチャーを日本に届けることを目的とした日本のウェブサイトです。詳細については、当社のホームページを閲覧し、当社が提供するさまざまなカテゴリをご覧ください。 

水樹奈々の世界

水樹奈々の世界

Nana Mizuki’s world at that time

, Many idols are already working in Japan, and only a handful of them enjoyed the stardom as singers and voice actors, also known as “voice actors”.

 

However, Nana Mizuki is echoing in the music scene of J-Pop and anyone who is a big fan of anime. She entered the Japanese music scene in 1993 and released a single album under her real name, Nana Kondo.

 

Mizuki eventually turned into a voice actor and lent his voice to the 1998 anime program “Space and Time Detective Ghent” for the first time. Her most famous role, which gave Nana a breakthrough in the world of Japanese voice acting competition, was when she landed her role as Hinata Hyuga in the hit anime Naruto.

 

After that, she also played a big role in the following blockbuster anime. Fate Testarossa from “Magical Girl Lyrical Nanoha”, Moka Akashiya from “Senki Zessho Symphogear”, and Moka Akashiya from “Persona 5” (Ann Takamaki). 

 

However, Nana Mizuki, who was trained in classical music in enka, one of the Japanese musical arts, did not stop making music even though the voice actor’s efforts were already well known.

 

After enjoying modest sales on their 2001 debut album, Supersonic Girl, the years that followed have been great. Her single Innocent Starter was in the top 10 of the Oricon singles chart and ranked 9th.

 

Her steady success in the J-Pop music scene eventually led to concerts sold out nationwide, attracting fans of all ages. Even foreigners who are crazy about anime and J-POP are becoming fans of Nana. 

 

Mizuki recorded his first appearance as a Japanese voice actor at Tokyo Dome, Japan’s largest concert hall. Mizuki won the Top Pop Artist Award at the Billboard Japan Music Awards 2010, along with prominent artists such as Kana Nishino, AKB48, Exile, and SID.

 

Nana Mizuki eventually spread her musical wings outside of Japan and continued her concert as a guest performer at the TM Revolution concert held in Singapore in 2013. After that, in November of the same year, he performed his first overseas solo performance in Taiwan.

 

Nana Mizuki’s splendor cannot be underestimated, and it cannot be denied how enthusiastic anime fans are enthusiastic about all the roles she has devoted her life to. When she announced her marriage on her blog last July, some even felt crushed.

 

Mizuki thanked her loyal fans for supporting her marriage to her long-time unnamed non-entertainer boyfriend and her current husband.

 

Nana, who is currently married, encouraged all fans to support her future projects and even her personal life as a married person.

 

Whatever her future project, it will be a sequel to her famous anime character or another sold-out concert in Japan or abroad. We know that her loyal fans still support her.

KOTOKO ライブ 2018「tears cyclone」新潟LOTS (高瀬一矢出演) 感想

KOTOKO ライブ 2018「tears cyclone」新潟LOTS (高瀬一矢出演) 感想

2018年8月19日(日)に開催された、KOTOKO LIVE TOUR 2018「tears cyclone-廻-」新潟LOTS公演を観てきました。KOTOKOさんのライブを観たのは正直6年ぶりくらい。千葉の市原のライブ以来です。今回、新潟に住んでいる友人に誘われて参加してきました。

今回は最新アルバム「tears cyclone-廻-」を引っさげたツアー。「tears cyclone-廻-」は、KOTOKOさんの古巣I’VEの高瀬一矢氏との完全タッグによるもので、非常に好きなアルバムでしたので、今回のライブも非常に楽しみにしていました。

新潟LOTSでのライブ鑑賞は初めてだったのですが、ステージが思ったよりも低く、キャパもそれほど大きくない。MAX700人くらいな感。KOTOKOさん、バンドメンバー、高瀬氏を間近にみることができました。

以下、セットリストとそれぞれの曲の感想を簡単に。

全体的に、最新アルバムの曲+高瀬さん製作の過去作品というセットリスト。昔からの高瀬曲ファンにとっては涙がでそうなセットリスト。
今回のアルバムが原点回帰ということで、過去の作品をオマージュしているところが多々ありますので、それと比べながら聴けるのがよかったです。

目次 

  1. nonfiction~悪魔が棲む惑星~
  2. Suppration-core-
  3. 回転木馬
  4. 雲雀
  5. Collective
  6. Onyx
  7. 夏恋
  8. I pray to stop my cry
  9. sensitive
  10. effacer
  11. ミュゲの花束を、君へ
  12. a-gain
  13. アニソンメドレー (ハヤテのごとく!→being→BLAZE)
  14. dusty days
  15. SA*KU*RA 白書
  16. LOVE A RIDDLE
  17. 夏草の線路
  18. Sign of Suspicion
  19. 廻-Ro-tation
  20. Wing my Way
  21. ε~イプシロン~
  22. Re-sublimity