KOTOKO ライブ 2018「tears cyclone」新潟LOTS (高瀬一矢出演) 感想

2018年8月19日(日)に開催された、KOTOKO LIVE TOUR 2018「tears cyclone-廻-」新潟LOTS公演を観てきました。KOTOKOさんのライブを観たのは正直6年ぶりくらい。千葉の市原のライブ以来です。今回、新潟に住んでいる友人に誘われて参加してきました。

今回は最新アルバム「tears cyclone-廻-」を引っさげたツアー。「tears cyclone-廻-」は、KOTOKOさんの古巣I’VEの高瀬一矢氏との完全タッグによるもので、非常に好きなアルバムでしたので、今回のライブも非常に楽しみにしていました。

新潟LOTSでのライブ鑑賞は初めてだったのですが、ステージが思ったよりも低く、キャパもそれほど大きくない。MAX700人くらいな感。KOTOKOさん、バンドメンバー、高瀬氏を間近にみることができました。

以下、セットリストとそれぞれの曲の感想を簡単に。

全体的に、最新アルバムの曲+高瀬さん製作の過去作品というセットリスト。昔からの高瀬曲ファンにとっては涙がでそうなセットリスト。
今回のアルバムが原点回帰ということで、過去の作品をオマージュしているところが多々ありますので、それと比べながら聴けるのがよかったです。

目次 

  1. nonfiction~悪魔が棲む惑星~
  2. Suppration-core-
  3. 回転木馬
  4. 雲雀
  5. Collective
  6. Onyx
  7. 夏恋
  8. I pray to stop my cry
  9. sensitive
  10. effacer
  11. ミュゲの花束を、君へ
  12. a-gain
  13. アニソンメドレー (ハヤテのごとく!→being→BLAZE)
  14. dusty days
  15. SA*KU*RA 白書
  16. LOVE A RIDDLE
  17. 夏草の線路
  18. Sign of Suspicion
  19. 廻-Ro-tation
  20. Wing my Way
  21. ε~イプシロン~
  22. Re-sublimity

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *